So-net無料ブログ作成
検索選択
非日常 ブログトップ

ふと思ったのだけど… [非日常]

今日はちょっと難しい話にあえて取り組んでみました。
放射性物質については、さまざまな考えがあります。
今日のブログに書いていることは、あくまでも私個人が思ったことであり、
必ずしも正しいとは断言できませんので、「こういった考え方もあるんだ」
程度に読んでいただければと思います。
(ブログ記事としてアップしていながら申し訳ありませんが、何かあっても
責任はとれませんので、各自で御判断ください)

地震の影響で福島の原発の制御が困難になってから
連日のように放射性物質の数値について報道されています。

そんな中、福島の牛乳や茨城の野菜、東京の浄水場の水などから
規定量を超える放射性物質が検出された…とのことで、
生産農家の方々は出荷できず、やむなく廃棄しているとのこと。

牛乳などは福島県内全域の原乳が出荷停止となったそうですが
会津地方の原乳は放射性物質がまったく検出されていなくても
同じ扱いだそうで、牛乳好きとしては大変残念なことです。

野菜についても、出荷の基準となる検出数値は超えてしまったものの
健康被害が出るほどの量を摂取するには、毎日大量に食べ続けないと
いけない程度の数値だとのこと。

放射性物質が検出されたホウレンソウなども、
 ★ 水で野菜を洗えば、放射性物質の9割は取り除かれる。
 ★ ゆでてしまえば、さらに放射性物質は減る。
ということで、過剰に反応しすぎているのでは?と思うのですが・・・

そこでふと思ったこと。

水で洗って、さらに茹でて放射性物質が規定値以下になった野菜は
すでに人体にはまったく影響がないはず。
ならば、それを凍結乾燥したりすれば利用できないのかな?と…

凍結乾燥したものは青汁などの原料にもなりそうですし、
麺に練りこめば鮮やかな緑色になるので「翡翠麺」になるでしょうし
(数年前の夏、ガストで「翡翠麺の冷やし中華」を食べた記憶が^^)
宇都宮で餃子をたべたときに、餃子の皮に練りこんだらしく
「翡翠餃子」というものもありました。

そんなふうに、凍結乾燥した粉末ホウレンソウなんかは利用価値が
あるのではないかな?と思いました。
(素人考えなので、実現可能なのかはまったくわかりません)

放射性物質は目に見えない分、きちんとした正しい知識がないと
「コワいもの」「危険なもの」としか認識されません。

半減期が過ぎれば問題なくなる放射性物質もありますし、
現在の規定値があまりにも低すぎるのでは?ということもあります。

それ自体しか食べない(たとえばササの葉しか食べないパンダとか
ユーカリの葉しか食べないコアラなど)ような生きものにとっては
摂取することにより放射性物質が体内に蓄積してしまうかもしれませんが、
いろいろ雑多なものを食べている私たち人間にとっては
健康被害が出るほど体内に蓄積しないのではないでしょうか?

  正しい知識を持ち、冷静に正しい対応を行なう。

無駄に騒いでパニックを起こす前に、ちょっと落ち着いて冷静に
考えてみよう、と思いました。


いまの私にできること [非日常]

はじめに…
東北太平洋沖地震で被災された方々に、心よりお見舞いを申し上げます。

明日の早朝から、関東地方は電力確保のため、輪番停電が行なわれるとのこと。
私の住むところも職場も対象となっています。

ふだんあまり停電を実感したことがないので、どのくらい不便さを感じるのか不明ですが
電気がない暮らしというのも、電気のありがたさを実感する良い機会かと思います。
明日からの輪番停電で学習することはたくさんありそうです。

さて、今回の地震で得たいくつかの教訓の一部を順不同であげてみました。

★ まずはとにかく落ち着くこと。
   ⇒過去に中越地震を被災地近くで体験したせいか、今回の地震の際にも
    比較的落ち着いて動くことができました。
    不安な気持ちは皆一緒ですので、慌てず騒がず、気持ちを落ち着かせて
    地震に対して対処していこうと思います。

★ 情報に翻弄されない。
   ⇒昨日夕方、コスモ石油に関するチェーンメールが私のところにも届きました。
    よくよく考えるとおかしなことなのですが、「社員の人から」といううたい文句に
    一瞬信じそうになりました。
    このように、ネットが普及した昨今、根も葉もないウワサや風評が飛び交っています。
    正確な情報が入らない被災者の方々にとって、真実味もなく、ただただ不安を
    煽るだけの情報でしかないものについては、しっかりと見極めたいと思います。
    
★ 携帯電話の充電器は常に持ち歩く&不必要に繋がない。
   ⇒今回、地震直後に携帯で情報収集をしようとして、かなりの電池を使いました。
    結果として翌日の朝には電池切れに…
    職場の人に充電池を借りましたが、何人かいるときは全員でそれぞれに
    携帯を使うのではなく、代表者が情報を得て皆に伝えるのも手かな?と思いました。
    近いうちにソーラーで充電できるものがあるそうなので入手したいと思います。
    
★ 明かりとなるものを持ち歩く
   ⇒幸いなことに、今回の地震で職場は停電になりませんでしたが、
    停電となり長時間にわたる場合、明かりが必要になります。
    山用のヘッドランプを常に持ち歩くのは難しいかもしれませんので
    小型のペンライト程度のものは常に持ち歩こうと思いました。
    とりあえず明日はヘッドライト持参です^^

★ 非常食となる食べ物を持ち歩く
   ⇒今の時期、花粉症もあり咳が出まくっているので、のど飴を持ち歩いています。
    今回、職場で一時避難場所に避難したときも、貴重品とともに持参していました。
    情報が伝わらず不安な時を過ごしながらも、甘い食べ物は心をほっとさせました。
    人間、おなかがすいても思考能力が低下してしまうかと思いますので、
    甘いものなど食べ物をつまんで、落ち着くことも大事かと思いました。

★ 食べるものに対して、わがままをいわず、感謝の心を忘れない。
   ⇒今朝、近くのスーパーに特売の買い物に行った両親が、納豆がなかったことについて
    苦言を呈していました。また宮城沖でとれる魚が食べれないわねぇとも話していました。
    人間、納豆を食べなくても生きていけます。魚も食べなくても生きていけます。
    さらには納豆も魚も産地として水戸や三陸沖だけではないはずです。
    美味しいものを食べたい。その気持ちはわかりますが、今この瞬間にも、被災地の
    方々は食べるもの、飲むものですら不足しているのです。
    こんなときだからこそ、食べ物、飲み物が不自由していないことを胸に刻み、
    不必要に買いだめや買い込みを控えたいと思います。
    いま、カップラーメンをはじめとする非常食を必要としているのは、私たちではなく
    被災している方たちのはずです。買い込みすぎて、あとになってから賞味期限が
    切れて廃棄することがないよう、自宅にある食料をいまいちど点検したいと思います。

★ あせって慌てて動くのではなく、自分にできることから支援を行なう。
   ⇒今回のような大きな災害が起きたとき、我先にとボランティアで現地に向かっても
     受け入れ態勢のできてない状態に来られると大変だという話をききます。
     また思い立った支援物質を送付すると、現地を余計に混乱させてしまうこともあると
     聞いています。(新品の洋服ならともかく、洗ってない古着などは…ねぇ…)
     下手に素人(典型的な例は私)が現地に赴いて混乱をきたすよりも、
     募金や節電など、今できることで後方支援を行い、必要なものが見えてきたときに
     実際に動けたら、と思います。
     (中越地震のとき、長岡市役所に勤めていた友人が大変だったのも聞いています)


とりあえず、慌てず騒がず自分のできることからはじめよう。

そして今回の地震を教訓として、今後に生かしていこう。

そう思ったのでした。


P1080632.JPG

実家の庭に咲いているスミレを撮影してみました。
少しでも心安らげると嬉しいものです。

P1080631.JPG

おなじく、クリスマスローズ。
暖かな陽射しを浴びて花を咲かせています。

無事に帰宅しました:東日本 巨大地震 [非日常]

言うまでもないことですが、とても大きな地震でした[がく~(落胆した顔)]

幸い私が住んでいる横浜は、震度5弱程度だったようですが
尾瀬パークボランティアの仲間や友人たちが住む福島県では
震度6弱を計測したそうです[ふらふら]

また震源周辺では多くの方が被災し、亡くなられた方も多く、
これから復旧までかなりの日数を要すると思われます。
被災された地区での一日も早い復興をお祈りします。

P1080593.JPG

3/11 17:22 夕陽が沈むころ…

P1080594.JPG

職場から見る国道一号線では、車が渋滞しはじめました[車(セダン)]

P1080597.JPG

公共交通機関がストップしたため、歩いて帰宅する人々の
姿が確認できました[ダッシュ(走り出すさま)]

P1080595.JPG

都心方面(右側)へ向かう人、横浜方面(左側)に向かう人。
さほど大きくはないものの余震が続く中を帰宅していました。

食事の提供.JPG

22:30すぎ 
工場に併設されているレストランと総務の方のご好意で、
職場に足止めされているメンバーに対して、暖かい食事が
振舞われました。関係者の方々に感謝です。

提供された食事.JPG

提供された暖かい食事をいただきます[レストラン]
美味しく暖かい食事は、不安をちょっとやわらげてくれました。

一見するとレストラン.JPG

各部署からたくさんのメンバーが集まってきました。
レストランの方のお心遣いで、落ち着いた音楽も流され、
束の間、みんなの顔に笑顔が浮かびます[わーい(嬉しい顔)]

このあと、職場の近くに住んでいる有志の心遣いにより
女性優先で数名は車で送ってもらい帰宅。
残ったメンバーも職場内で仮眠をとり、公共交通機関が
回復すると帰宅していきました。

かくいう私は交通機関がある程度復旧してからノンビリと
帰宅しましたが、それでも朝のラッシュ並みの混雑でした[ふらふら]

宮城沖を震源としたものに触発されてか、至る所で
揺れていますが、一時でも早く、落ち着くことを祈る
ばかりです。

ちなみに私は以前、直江津のラーメン屋さんで食事中に
中越地震を経験しましたが、そのときに比べると、揺れは
小さかったかな?と思いますが、大きな揺れを未経験の
職場の方たちは、かなりびっくりしていました。
(私?経験者だったせいか、比較的、落ち着いていました[たらーっ(汗)]
非日常 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。